作品に触れることとは?


岡山芸術交流2016 Faceted Developmentと名付けられたリアムのタワー。 カラフルな色片は多様なエネルギーを、螺旋は成長と変革を意味しているように思えた。 小さな力を折り重ねること、それらを推し進めることがdevelopment (発展)の真の姿であると教えてくれているのかもしれません。 また、解釈によっては、小さな力/行動、つまり凡事徹底が発展への一歩と言ってるようにも思えます。 このように、作品に接するといろんな解釈が生まれてくるものですが、私は作品に接する事、そして、作品を読み込む事が、今の自分に必要なものを探し出す行為のように思えてなりません。 そう考えると、ものを感じる行為とは、自分自身を映し出す行為だと捉えることが出来ます。 もう一歩、その解釈に深度を与えてみると、ものに触れ、感じる行為とは、鏡に映された自分を見つめるような行為であり、そこに映し出されたものの中に「私欲」が見えた時、その私欲の裏側に発展を見出す事が出来ると捉えられます。 アート作品に触れる事、それは複雑に断片化された自分を整理するようで、とても面白い行為です。 これからこの作品を目にするたびに、このアイデアの真意を問う事になるでしょう。 そこから生まれる新たなアイデアもまた楽しみです。

#イノベーションスタジオ #岡山芸術交流2016 #リアムギリック #faceteddevelopment #読解

特集記事