top of page

ワクワクするメニュー表作り、8つのポイント【ミシュラン掲載の岡山ラーメンの名店、麺屋楽長。】


麺屋楽長。新英語メニュー
麺屋楽長。新英語メニュー

【サービス向上の一手】 Innovation Studio Okayamaでは、「麺屋楽長。」さんの店舗立ち上げから「楽長」の名の通り、お客様に長きに渡り楽しんでもらいたい店づくりをとブランディングのお手伝いをさせて頂いており、この度9月1日より改定する商品価格を改定に伴いメニュー表の見直しを行いました。(明日からの改定につき価格は記載していません) 今の仕入れ価格及び人件費の高騰に伴い、現状の商品品質及びサービスの提供が困難となったことから、この度の価格改定となりますが、これはオーナー、お客様にとっても厳しい状況。 だからこそ、ラーメンを楽しみにご来店いただくお客様、そして、在岡外国人のお客様、さらに、コロナが明けて来岡する機会の増えた外国人観光客へのサービス向上を図り、「選ぶ楽しみ、ワクワクするメニュー表」作りとして日本語と英語版の新メニュー表を計画、弊社で作成のお手伝いをさせていただきました。 メニュー表は、その店の看板。品ぞろえはもちろん、美味しそうだなと予感させたり、視覚的にカラフルでシズル感の高い写真、店の個性を反映させた書体選びなど、デザインを行う上で配慮すべき要素は様々です。 【ワクワクするメニュー表作り、8つのポイント】 ちなみに視覚的に魅力的な飲食店のメニュー作りに必要な要点をまとめると以下のようなポイントが挙げられます。

  1. レイアウト: 顧客が選びやすくするとともに、品定めのプロセスを楽しいものにします。

  2. 情報の整理: カテゴリー、見出し、記号等を用いて情報を整理し、一目でわかるようにします。

  3. ストーリーテリング: 料理にまつわる説明を加えることで、メニューが単なる「選択肢のリスト」から「物語」へと変わります。

  4. 目を引く要素: 新メニューやオススメ料理、人気料理を強調表示することで、お客様の注意や関心を引きます。

  5. 言語の工夫: 他言語の顧客に対応するべく、英語対応を考慮する。

  6. 品質と価格のバランス: 価格を上げるために高級感を出しつつもラーメン店としてのカジュアルな印象を与えられるよう配慮します。

  7. 簡潔性と明瞭性: 過度な装飾や文字情報は避け、必要な情報だけを簡潔に、明確に伝えます。

  8. ブランド一貫性: レストランや店舗のブランドイメージに合ったデザインを心がけます。

それらのポイントを踏まえつつ、ここではブランドイメージに最大限の注意を払っています。 「三味一杯」というコンセプトの下、こだわり抜いたスープ、麺、具材を巧妙に組み合わせ、その豊かな味わいと高い品質を表現するために、基調色としてGOLDとREDを採用しました。 GOLDは料理の豊かな味と品質の高さを、REDは職人気質のオーナーの情熱的なラーメンを象徴しています。 また、麺屋楽長の「つながり」を表すシンボルマークでもあるリボンマークを商品説明文の背景柄として使用することで、お客様とのつながりを大切にする思いを形にしました。さらに、素早く提供されるラーメンのライブ感や、メニュー選びの際のワクワク感を高めるために、流れ星のように流れるエッジの効いたデザインに仕上げてみました。これらの要素が組み合わさることで、全体としてワンランク上のカジュアルなラーメン店としての存在感を高めています。 麺屋楽長さんでは、オーナーさんのラーメン愛から、通常メニュー以外にも様々な企画メニューを創作し、期間限定で提供されています。店に入ると大きな声で掛けられる「いらっしゃいませ!」から「ありがとうございました!」までのすべての体験を存分に楽しんでいただけるよう、ご来店の思い出づくりのための記念撮影用アイテムなどもご用意しています。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 【麺屋楽長。さんご紹介】 「麺屋楽長。」さんは、大人気ラーメン店で3年半修行の後2015年に現店舗をOPEN。 場所はシンフォニーホール裏の表町商店街通りから一本北の通りにあります。 職人かたぎの手間ひまをかけたスープ、口の中に入れると小麦の香りがほのかに香るこだわり麺、全て手作りで提供するこだわり具材の 「三味一杯」をコンセプトに、OPEN間もなくして岡山ラーメン学会主催のラーメン大賞「新人賞」を受賞し、コロナ禍には、ラーメンを家庭でも楽しめるようにとYoutube配信も開始、2021年にはミシュランプレートを獲得。ミシュランガイドブにも掲載される人気有名店です。 所在地: 〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1丁目3−53 YS21ビル 1F

営業時間:日曜から月曜 11:00-14:00,18:00-20:00        ※月曜の夜はお休み 定休日:火曜日  ※営業時間については、都度ご確認お願いします。 Youtube: https://www.youtube.com/@menya_gakucho/videos     ※ラーメンを楽しむ情報満載。登録もよろしくお願いします!




"Michelin-listed restaurant 'Menya Gakucho.' Due to a price revision, Gakucho is creating an English version of the menu to improve their services."

【A Small Step for Improved Service】

At Innovation Studio Okayama, we have been assisting with the branding of "Menya Gakucho" since its establishment, aiming to create a dining experience that brings long-lasting joy to customers, just as the name "Gakucho" suggests. With the upcoming price revision effective from September 1st, we have also revised the menu. (Details of the new pricing are not provided here due to the change starting tomorrow.)

Due to the recent rise in procurement costs and labor expenses, it has become difficult to maintain the current product quality and level of service. This makes the price revision a difficult decision for both the owner and our customers. In light of this, we have designed a new menu in both Japanese and English, aimed at enhancing the dining experience for our regular customers, foreign residents in Okayama, and the increasing number of foreign tourists visiting Okayama post-pandemic.

A menu is like the face of a restaurant. From the assortment of dishes to visually enticing, colorful photographs, and font choices that reflect the restaurant's personality, various elements need to be considered when designing a menu. Key points for creating a visually appealing menu for a restaurant include:

  • Layout: To make it easier for customers to choose and to make the selection process enjoyable.

  • Information Organization: Use categories, headings, and symbols to make the information clear at a glance.

  • Storytelling: Add descriptions related to the dishes so that the menu transforms from a mere 'list of options' to a 'story.'

  • Eye-Catching Elements: Emphasize new or recommended dishes to capture customer attention.

  • Language Adaptation: Consider multilingual options, including English.

  • Quality-Price Balance: While adding a touch of luxury due to the price increase, maintain a casual impression appropriate for a ramen restaurant.

  • Clarity and Conciseness: Avoid excessive decorations and provide only the necessary information in a clear and concise manner.

  • Brand Consistency: Always keep the design in line with the restaurant’s brand image.

Under the concept of "Three Flavors in One Bowl," we have meticulously crafted the soup, noodles, and toppings to harmoniously blend together, delivering both rich flavors and high quality. To capture this essence in visual form, we have chosen GOLD and RED as the fundamental colors for our brand. GOLD symbolizes the richness and quality of our dishes, while RED captures the passionate artistry that goes into each bowl we serve. Furthermore, we used the ribbon symbol, which is a sign of "connection" in Menya Gakucho, in the background of the product descriptions. This not only reflects our commitment to customer relationships but also elevates the overall experience, making us stand out as an upscale casual ramen restaurant.

At Menya Gakucho, besides the regular menu, the owner crafts various special menus born out of their love for ramen, offered for a limited time. We hope that from the moment you're greeted with a hearty "Irasshaimase!" until you hear the appreciative "Arigatou gozaimashita!" as you leave, you fully enjoy every aspect of your dining experience. We also provide photo props to make your visit more memorable.

We thank you for your continued support and patronage.

[Introducing Menya Gakucho]

Menya Gakucho opened its current location in 2015, after three and a half years of training at a highly popular ramen shop in Okayama. The restaurant is located one street north of the Omote-cho Shopping Street, behind the Symphony Hall. With a dedication to craft, the restaurant offers meticulously prepared soup, artisanal noodles that subtly emanate the aroma of wheat as soon as they enter your mouth, and meticulously handcrafted toppings. Embracing the concept of 'Three Flavors in One Bowl,' the restaurant quickly earned the 'Newcomer Award' at the Okayama Ramen Association's Ramen Grand Prize shortly after opening. During the COVID-19 pandemic, the restaurant also started offering YouTube content so that people can enjoy their ramen at home. In 2021, the restaurant received a Michelin Plate and is also listed in the Michelin Guide 2021, marking it as a popular and reputable establishment.

Location: 1F, YS21 Building, 1-3-53 Omotemachi, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama, 700-0822 JAPAN Open: Sunday to Monday 11:00-14:00, 18:00-20:00 ※Closed on Monday evenings Closed: Tuesdays ※Please confirm business hours before visiting. Youtube: https://www.youtube.com/@menya_gakucho/videos ※Full of information for enjoying ramen. Please subscribe!

Yorumlar


bottom of page